千葉の金買取店はデリバリーピザ屋に隣接!

私は都内のベンチャー企業に新卒で入社し9年間働いていましたが、結婚を機に千葉県に引っ越すことになりました。
仕事は面白く、それなりのポジションに就いていたのでやりがいもありましたが、年齢的なこともあり結婚を焦っていた私は、結婚するなら千葉にある実家の近くに住むという彼の意見に従い、仕事を辞めて付いていくことにしたのです。
千葉県で再就職をしようと考えていましたが、半年後に結婚式を挙げることになっていたので、式が終わるまでは働かず、新居での生活を整えることと式の準備をすることにしました。

金買取店の分かりやすい案内方法

結婚式を2ヶ月後に控えた頃に、私の祖父が亡くなってしまいました。
私の実家は九州の片田舎で、実家には祖父と両親が暮らしていました。
1年前に脳梗塞で倒れた祖父は、それ以来言葉や体が不自由になり出歩くことも少なくなった祖父は、だんだんと元気がなくなっていきました。
祖父にとって初孫だった私は、小さい頃からとてもかわいがってもらっており、18歳で家を出た時には両親よりも祖父が一番心配してくれて、寂しいけどがんばれ、いつでも帰っておいでと泣きながら送り出してくれたことは忘れられない思い出です。
そんな大好きな祖父が亡くなりショックでたまりませんでしたが、何とか葬儀を終えひと息ついた時、生前に祖父が私に渡して欲しいと、母に託していた手紙を受け取りました。
そこには、自分の死期を悟った祖父が残した私への遺言でした。
手紙は私に金を残す、という内容で金庫の鍵が入っていました。祖父の部屋にあった金庫をあけてみると、外国製の金貨が数枚入っていました。
私は金貨の価値を知りたくて、自宅に戻った後に金買取店に査定してもらうことにしました。
調べてみると近所の商店街にあり買取店のホームページには、デリバリーピザ店の隣です!という文字があったので、あそこか、とすぐに場所を特定することが出来ました。

「ピザ屋の隣」でみんなに伝わる

ホームページの情報を頼りにピザ屋を目指していくと、隣接したビルの2階に目的の金買取店がありました。
ピザ屋さんにはよく来ていたのに、こんなところに金買取店があるなんて今まで全然気が付きませんでした。
きっと私と同じようにピザ屋は知ってるけど、という人は少なくないはずなので、ピザ屋の隣のビルと言えば、みんなに伝わるだろうと思いました。
金買取店で査定をしてもらうと、なんと20万以上の値が付きました。
買い取ってもらうことも考えましたが、迷った結果、祖父の形見として手元に残すことにしました。
病気をしてから元気がなかった祖父ですが、私の結婚が決まった時は大喜びしてくれて、久しぶりに祖父の笑顔を見ることが出来て家族全員が喜びました。
結婚式を楽しみにしていた祖父でしたが、病には勝てなかったのです。
私はとてもさみしくて悲しくて、もっと早く式を挙げて花嫁姿を見せてあげたかったと後悔しました。
受け継いだ形見を大切に、祖父の思い出と共に幸せになろうと決意しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です